たまにはこんな内容も書いてみたい(^-^)

こんにちは~

 

またまた一カ月ぶりの更新(-_-;)
書きたいことがいっぱいあって、それを考えていたらなぜか書いた気分になって満足していることがあるんですよね。

 

先日M YOGAにて愛知学院大学教授伊藤先生による
「仏教、社会問題バガヴァッドギーター」のヨーガ哲学講座がありました。

一日目は現代社会の諸問題について。
世界の日本の貧困、差別、戦争、環境破壊等々
教授の講義はわかりやすくおもしろい!

私も大学行きたかったな~と思った。今はそう思うけど、昔の私は勉強が大嫌いなので、きっと大学に行ったとしてもまともに受けていないだろうなと…
まぁとにかく日本で起きていることすらも知らな過ぎて恥ずかしい。
もうちょっとニュースとかちゃんと見ようと思ったという感想しか述べれなくてさらに恥ずかしい(-_-;)

二日目はインドの聖典『バガヴァッドギーター』入門講座!
半年前に本を購入しておいたけど、理解出来っこないと思って1ページも開くことなく講座の日を迎えた(笑)
でもそれ正解でした!
話の舞台、状況、歴史的背景などそこらへんがわからないと私の脳みそではまず理解は無理!
読み方の指針は、自分の人生と結びつける。詩を味わうように自分の知性よりも直感を大切にする。ギーターは哲学書というより芸術作品に近いみたいです。

なのであまり肩ひじ張らず読んでみようと思う。

このような講座に出たらなるべくすぐに読まないと手を付けなくなる「読みたい賞味期限」的なのがあるとヨーガスートラの時に教授が仰っていたのを思い出した。たしかに~!!スートラは結局読み終えていない…

ギーターは講座の記憶がなるべく鮮明なうちに読もう(^^)/


社会問題やギーター、スートラについて語り合える人に私はなりたい。